アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「雑記」のブログ記事

みんなの「雑記」ブログ


折り鶴

2010/03/05 02:00
白鶴一羽
画像

出来るだけ小さな折り鶴に挑戦。あるブログに1辺12ミリ×12ミリが限界とある。それ以上小さいのは、紙が粒のようになる。
↑上の写真は、1辺4センチ×4センチの千代紙(赤)に乗せて撮ったもの。なお、手裏剣は、それと同じ大きさの千代紙(黄)で折った。キーボードの文字と比べて下さい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


おりがみ教室

2008/02/15 22:09
遊々ひろば2月例会は折り紙でつくる{下げ飾り}
初心者の私がインストラクターを勤めることになった。延べ参加者18名である。立春が過ぎて光の春、寒さは厳しい。
でも、我が家では、梅の盆栽(紅白二鉢)は今満開である。浦安は海と旧江戸川に囲まれているせいで、雪が積もることは稀である。それでも、今年は冠雪の庭の風景を見ることが出来た。ただし、それもほんの一時で消えうせる。2月も、はや半ば桃の節句も近づいて今日の折り紙教室を開催。会場は何となく春めいた感じがしたのだった。
画像
画像

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ふるさとの植物を守ろう 「植物園シンポジウム」から

2007/03/10 21:12
平成19年3月10日(土)
東京大学・弥生講堂
画像

画像

木の寿命(Life Spans of Trees)
カヤ1000年↓イチョウ800年↓ケヤキ700年↓クロマツ600年↓クスノキ↓300年↓サクラ150年
基調講演
ファインダーから見える里山と私たちの生活 写真家 今森光彦氏
雑木林
枝打ち・下草刈りによって生まれる多様性と四季の美しさ
コナラ・クヌギ・ムラサキシキブ・シュンラン・カタクリ(ギフチョウ)・スミレなど
椎茸のホダ木つくり(18年毎ブロック毎伐採)鹿やウサギはヒコ生えの出る伐採地を好む。

田圃
土手の管理を農家は几帳面に年5回する。彼岸花は草刈を待って花を咲かせる。土手の草刈のリズムに合うのか秋にリンドウが咲く。伐採されたクヌギ・コナラの10から20cmの背丈の盆栽?が土手を守る。草地や湿地の植物に絶滅危惧種が多い。農業の環境を守ること(丘陵地・旧家・典型的里山)が暮らしを守ることに繋がる。自然観豊かなお婆さんが160種もの植物の名前を言えると言うことは凄いこと。都市の人たちと農家との関係は、{より土に顔を近づけた身を低くした姿勢、農家の人との同化、更に手伝いなど}農業する人への理解が必要である。多様性は地域性であり、個別の文化と同じで大切である。
画像

絶滅危惧植物と植物園 
東大教授(小石川植物園園長) 邑田 仁
セツブンソウに触れ昆虫少年であった1966年自宅前の風景を個人的体験から2007年と対比して話が始まった。広がる里山には300種の植物{ヒトリシズカ・キンラン・ギンラン・ウラシマソウ・エビネ・シュンラン・イカリソウ・イチャクソウなど}が見られたが、身近な植物消える。
日本の植物のレッドリスト
2000年現在7000種のうちの24パーセントが絶滅危惧種
自生地保全(In-Situ Conservation)
自生地で保全する →自然環境保全が必要
自生地以外保全(Ex-Situ Conservation)
植物園などで保全する。→栽培環境と技術が必要。
絶滅の要因
35.8%開発、24.2%園芸的採取、15.0%自然遷移、13.5%森林伐採
日本の植物園の取り組み
植物園の目標(2010年)→50パーセント植物園で保全。現有植物38%保有されている
東大植物園(小石川・日光)で200種育てている。
小笠原諸島固有絶滅危惧種の保護と育成(1983年から小笠原温室)
ムニンツツジ{小笠原の土が大切、育ちが良い}・ムニンノボタンの自生地復元成功20年以上かかる。元は1株から第2世代へ
画像


メモ(ことば・数字)
コカイ川・渡良瀬遊水地
1種無くなると30種影響を受ける
1995年生物多様性保全条約
植物:地球上に30万種、うち日本には6000〜7000種(ホットスポットの一つである)
谷津田に蔓延るアズマネザサ
コウノトリ3羽→97羽・コウノトリ米(米が不味くなった。収量減となった。生物多様性の米は美味い。)・棚田に在来種(女郎花・桔梗・畦菅)戻ってこない
サギソウ(茨城県成就院池のサギソウを守る会)
一番近くの植物園へ行ってみてください。

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 23 / コメント 500


ことばのいくつか

2007/01/07 00:29
画像
叩けよ さらば 開けん
求めよ さらば 得られん 

きょろきょろして 楽しむ
一生 きょろきょろしていたい

人間の罪を負うキリスト
あなたに使命がある限り 生きていなくてはいけない

世界でただ一つの命 その人だけの人生
自己に頼れ 法に頼れ
苦難は良いものであり悪いものでもある 平安には それなりの代価を払う
忘己利他は最高の慈悲
これほどの努力 他人(ヒト)は運と言う
夢に向かって 継続は力なり
失敗は成功の素 太陽だって汚点がある
敗因は次の勝因 勝因は次の敗因
歳をとることは素晴らしい
夫婦はいいもの 結婚のシステムは面白い
人生の歩き方 アンテナを張る 変化は人間にとって大事
次の世では優しい人間でありたい
人と人 分かち合えることが大切
顔は人生の看板・顔は心の鏡 (佐伯チズ・美容師)
手えの目覚め 顔のつや 美しくなる自分の思いを化粧品の中に気持ちを込める
皮脳同根・皮膚は臓器
トライ&エラー・朝令暮改
おじやこそ日本の最高のポタージュである
命のスープ(辰巳芳子・料理研究家)


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


お台場クリスマス夜景

2006/12/15 11:35
画像
パソ友のNさんのブログに「東京クリスマス夜景」のLINKが貼られてありました。素晴らしい東京の夜景スポットをスライドショーで見ることが出来、夜景の中に浮かび出る光のファンタジーを次から次に楽しみました。その夢の続きは、寒さにめげず出かけて自分の目で確かめなくてはならないでしょう。イルミネーションは幻想の世界へ誘う魔法ですネ。
★LINK
東京クリスマス夜景⇔クリック
お台場シンボルツリー⇔クリック
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「フンコロガシ」について

2006/08/26 23:05
フンコロガシ」について
ラピスはラテン語の石、ラズリはペルシャ語の青いという意味から来ている。日本では瑠璃や青金石と呼ばれます。紺青色の不透明な石です。4種の青色鉱物と様々な種類のが混じりあって出来た岩石です。殆んどの宝石が単一の鉱物であるのに対してラピス・ラズリは異色な存在です。5千年の昔、ラピス・ラズリを入手するためにエジプト人は遠くアフガニスタンへと交易路を開いたほどです。古代ローマでは、恋人たちを守る力があると信じられて、ビーナスに捧げられた。占いでは、持ち主の吉運を大吉運に、凶運を吉運に変える強いパワーを持つ石だと言われています。落ち着きを与え、邪霊を払い、不変の愛と幸運を誘うラピスラズリは宇宙に浮かぶ太陽系の惑星地球に見える色です。
エジプトでは神であるスカラベは不死を意味する霊的な意味を担う物品である。5千年の昔、エジプト人の墳墓はラピス・ラズリで作られた心臓・目・猫など工芸品で満たされていた。トルコ石、ラピス・ラズリ、スカラベ、ペンダントに繋がる遠い深いお守りの意味が少し分かった気になった。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


泰山・孔子

2006/08/05 09:39
画像
三人行必有師
至登泰山而小天下
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ピーターラビット

2006/07/07 16:50
画像
画像
湖水地方の旅の記念にピーターラビットの店で「ウサギとアヒルの陶器」をお土産とした。もう直ぐ3歳になるコトちゃんが先週金曜日にオムツが取れたと娘から聞いた。
この誕生祝が一番相応しいと思った。彼女が小学生になっても彼女の傍に置いてくれたらと家内と話したのだった。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


フンコロガシ

2006/07/07 15:46
画像
「糞転がし」ペンダント・ヘッド
念願のイギリス旅行に行ってきた。今年4月、私共はシルバー婚の節目を迎えることが出来た。その記念の意味をこめての海外旅行であった。
以前から家内が一度行ってみたいイングランドの田舎{ストラットフォード・アポン・エイボンや湖水地方}を自分の足で歩いてみたかったのだ。
写真のフンコロガシのペンダント・ヘッドは大英博物館でお土産に求めたスカラベ(トルコ石色の陶器)である。或いはラピス・ラズリを模しているのかも知れない。
英語でBeetleは甲虫(コガネムシ・カブトムシ・カナブンなど)の意味だが、かの一世を風靡したビートルズはここからネーミングしたとすれば、エジプトの古代太陽神と崇められたスカラベ(フンコロガシ)が大英博物館にてペンダントヘッドとしてお土産品となり、かつエコライフ・再生・創生の護符として胸元を飾るペンダント(装身具)に至るのは自然な道と言える。
最近は若者たちだけでなく、リタイアーされた男性も自分の胸元をループ・タイに加えてペンダントで飾るのを見ることがある。ネクタイをしなくなって寂しくなった胸元に、気に入った拘りや想い出のペンダントをさり気なく飾る小さなお洒落が素敵に思える。
私は、いつの間にか海外旅行の思い出に自分用のお土産として必ず一つ加えることになってしまった。このペンダント・ヘッドを見ると、その旅行の想い出が写真のように甦ります。勿論家内が付けてもいいのだが、高価なジュエリーにも劣らず、自分で選んだことに意味がある。
これから高齢化社会がますます進むなか、中高年男性にペンダントのお洒落が流行る予感がするのですが?
画像
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 20


患者が主治医

2006/05/29 15:57
画像
あくまで患者が主治医、医者は助っ人だというお考えのお医者さんの目からウロコの話が聞けた。直腸癌の外科手術では、普通は殆どが人工肛門をお腹に作ることになるが、先生は人工肛門としないで済む手術を極力追求して行っている。手術前と手術後で、患者さんの日常生活に出来るだけ変化を起こさないように心がけているという。なんとも神様のような先生である。
今日、家内の従弟の奥さんが胃癌の手術を順天堂病院で、私と同じ執刀医の先生にて受けることになっている。虫が知らせたように話に聞き入ったのであった。
NHKラジオ深夜便の早朝AM4時過ぎの番組から、偶々、FMラジオで一部聞くことができた貴重なお話であった。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
今日のことば
今日のことば かわいくば 五つ教えて 三つ誉めて 二つ叱って よき人にせよ 親鸞聖人 誕生日1月16日 朱蝋燭を灯す        入寂日5月21日 白蝋燭を灯す ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/23 21:01

トップへ | みんなの「雑記」ブログ

ヤマアジサイ 雑記のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる